九卅娱乐手机版登录
ニュースセンター
第7回 VARIVASカップ争奪 バーブレスサバイバルトーナメント フライ選手権 大会レポート
2019-09-12
  2018.04.02.
 
  第7回VARIVASカップ争奪バーブレスサバイバルトーナメントフライ選手権大会レポート
  3月21日の春分の日、川越水上公園で第7回バーブレスサバイバルトーナメントが開催されました。今年は冷たい雨から雪になる悪天候にも関わらず、昨年を上回る27名の選手が参加しました。試合は予選A組、B組、敗者復活戦、準決勝戦そして決勝と、それぞれ3尾釣り上げた人から勝ち上がるトーナメント方式です。決勝戦は各組からトーナメントを勝ち残った6名で行われました。栄えある第7回VARIVAS優勝カップを手にしたのは入間市の吉田文也さんです。おめでとうございます!実は文也さんは第4回大会の覇者。第7回大会にして、ついに複数回優勝のチャンピオンが誕生しました。
  第5回大会、6回大会準優勝と安定した成績を収め4年連続の表彰台で安定感は抜群。今回の決勝タイムは3尾釣り上げるのに僅か50秒。2位以下の3分台を大きく引き離し圧勝。吉田文也さんは歴代最強のバーブレスサバイバルトーナメントのチャンピオンと言っても過言ではないでしょう。本当におめでとう!
 
  第2位は川越市の吉越則之さん。準決勝、決勝と冷静沈着な戦いぶりが光りました。また試合時間中に釣り上げた43センチのニジマスは見事な大物賞。吉田稔さんを躱しての準優勝は地元川越の意地を見せていただきました。おめでとうございます。
 
  第3位は吉田稔さん。優勝した文也さんのお父さまです。稔さんは太刀魚など海釣りの大会でも優勝しマルチに活躍されています。今年は横浜フィッシングショーのVARIVASブースまで申し込み用紙を取りに来られました。試合に掛ける意気込みが違いますね。見事な3位表彰台でした。
 
  第7回決勝戦リザルト
 
  順位氏名タイム市町村
 
  1吉田文也50秒埼玉県入間市
 
  2吉越則之3分05秒埼玉県川越市
 
  3吉田稔3分11秒埼玉県入間市
 
  4渡辺丈夫3分36秒埼玉県飯能市
 
  5春山淳4分39秒埼玉県坂戸市
 
  6碓井浩二-埼玉県ふじみ野市
 
  ※敬称略
 
  ※大物賞は吉越さんニジマス43cmでした
 
  総評
  ディフェンディングチャンピオンの春山淳さんは実力を示し決勝進出。決勝戦のビート(釣り座の位置)は昨年と同様の1・2番で闘いましたが5位入賞。さすがです。今年の決勝で例年の風景と違うと感じたのは、決勝常連の瀬田さん(第5回大会優勝)の姿がなかったことです。来年こそまた決勝の舞台に戻ってこられるように期待して止みません。
 
  最後に今回季節が逆戻りしたような寒さの中、申し込みいただいた全員が雨の中、早朝からお集まりいただいたことは正直予想しておりませんでした。私自身、この大会を続けて本当に良かったと思い感動しました。参加者の皆さん、そしてこのイベントに係わった全ての皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。
 
  大会実行委員長吉田俊彦
  真冬のような寒さ。でも選手は予選から白熱した戦いを繰り広げました。
  戦いはまさに秒殺。しかし魚は丁寧にリリースするのがルールです。
  準決勝B組の様子。写真は左が瀬田さん。中央の釣り人は吉田文也さん。
  のんびり見えますが試合中。隅っこの釣り座を選ぶのも戦略ですね。
  雨が強くなり本部はテントの下に移動。
  驚いたことに、一人のキャンセいルもなく、大会を開催できました。エントリーいただいた選手の皆様本当にありがとうございました。
  バリバス新製品説明会の様子。岡田さん分かりやすい説明ありがとうございます。
  恒例のお楽しみじゃんけん大会はロッドビルダーの安達さんが相手。
 
  今年からデザインが一新したバリバスカップ。優勝者を讃えるモーリスの田中部長(写真右)
  雨ですべての機材がびしょ濡れに。また来年本大会が開催できますようにスタッフ、選手が一丸となって盛り上げて行きましょう!
 
  (了)
2822366828
扫一扫关注我们